猫の驚異的な聴力を利用した番人くん

猫派、犬派。

日本における2大ペット事情です。

おそらく日本人に「ペットと言えば?」と問うと
答えはほぼ猫か犬になるのではないでしょうか。

それくらい日本では浸透し、家族の一員として迎えられています。

では、「犬の特徴は?」と問われれば、「嗅覚」まず思いつきますよね。

警察犬としても活躍していますし、なんと人間の1億倍もの嗅覚があるとされています。

8km離れた発情期のメスのニオイを感知するそうですよ。

それでは「猫の特徴は?」と問われればなんと答えますでしょうか。

癒し?自由奔放?カワイイ?

などなど、なんだか特徴があるようなないような、
とても抽象的な表現ばかりが頭に浮かんでくるのではないでしょうか。

犬が「嗅覚」なら、実は猫は「聴力」に優れているんです。

猫は視力が弱く、人間で表現すると0.3程度の視力とされていて、
とても近視だそうです。

進化の過程で獲物を捉える最適な範囲がよく見えるように、
この視力になっているようですが、その代わり聴力が発達しています。

ピンとした耳もその一つかもしれません。

猫は人間の10倍の聴力を持っているとされています。(犬は人間の5倍程)

遠くにいる獲物を見る力が弱い分、獲物の鳴き声などを音で感知して
獲物を捕らえるために発達した力です。

猫の聴力は特に高音を聞き取る能力が非常に優れているとされており、
それを利用したのが“超音波での野良猫撃退”です。

低音の音域は人間とほとんど変わりませんが、人間には聞き取る事のできない
高音、超音波を感知してしまうため、人間にはほとんど影響なく、
超音波を発することで野良猫を不快に感じさせ撃退することができます。

野良猫撃退の番人くんは野良猫を赤外線センサーで感知すると
超音波を発し、不快感を与え撃退します。

猫は学習能力がある動物です。

1回では懲りずに何度も訪れますが、
その度に不快な音が出ると、「ここは嫌な場所」とインプットされ、
次第に足が遠のく。

それが超音波撃退の強み、効果、特徴です。

トゲトゲシートや水入りペットボトルのように「待ち」ではなく、
入ってきたら超音波発信という「リアクション」型なので、
より効果的です。

小型なので、目立たず見た目も汚すことなく、
音なので猫を傷つけることなく、人にとっても猫にとっても
お互いがお互い住むべき場所で暮らしをするための
Win-Winな一品です。

超音波での野良猫撃退「番人くん」

きっとあなたの強い味方になってくれることでしょう。